マットレスに秘められた価値
2020年9月21日

マットレスは実際寝てみることをおすすめします

マットレスを選ぶなら、正しい寝姿勢の維持や体圧分散性がポイントになります。人は直立した時、背骨がゆるやかなS字カーブになるので、理想の寝姿勢は寝ている時S字カーブを維持することです。マットレスが固すぎると体のデコボコに沿って沈まないので、体重がかかりうっ血するような原因なります。柔らかすぎると腰が落ち込むので、くの字型になり腰痛の原因になるでしょう。

実際お店で寝てみるのが良く、10分程度ごろごろしてみることをおすすめします。あお向けや横向き、うつぶせなどいろいろな姿勢になり寝心地を確かめると良いでしょう。寝返りのしやすさがポイントになるので、感触を確かめることをおすすめします。マットレスは内部構造や詰め物、側生地などで構成されています。

基本性能になるのが内部構造で、スプリングの中心部分を意味します。ボンネルコイルはらせん状のバネなどが連結されていて、弾力面によって体を支えることが可能です。ポケットコイルはコイルスプリングがポケット(袋)に包まれていて、それぞれ独立して動いていて体の重さやデコボコに応じて沈み込んでいきます。ノンコイルの場合、金属スプリングなどを利用しないマットレスです。

低反発ウレタンや高反発ウレタン、ウォーターベッドやエアベッドなどがあげられます。金属の部分がないのでリサイクルを行いやすく、私用した後環境負荷が少ないのが特徴的です。おすすめの選び方として寝てみたり触ってみることがよく、自分にフィットしたアイテムを見つけることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *