GC-Sならばアルミ製品にも安心して使えます

アルカリ性の洗浄液は油脂に含まれる脂肪酸を石鹸に変えて効率的に油汚れを落とすことができますが、アルミニウムを腐食させるという特徴があります。強い性質を持つ洗浄液ほど洗浄力が高まるものの、アルミ製品を腐食させてしまうので扱いには注意が必要です。またアルカリ性の洗浄液は皮膚を構成するタンパク質の結合を弱めるので、直接触れると手肌を傷める可能性があります。一般的なアルカリ性の洗浄液で油汚れを除去する際には、ゴム手袋を使うなど対策を講じなければなりません。

人体への影響が大きい一般的なアルカリ性の洗浄液は、小さな子供がいる家庭などで気軽に保管できません。企業が工場などで使用する際にはスタッフの健康に注意するだけでなく、環境への影響についても配慮が必要になります。GC-Sは強アルカリ性の洗浄液であり、家庭から企業まで様々な場所で発生する油汚れを効果的に除去してくれます。しかしGC-Sは一般的な洗浄液と異なり人体や環境に優しいだけでなく、アルミニウムを腐食させないという特徴を備えています。

GC-Sは食品工場におけるダクト内の汚れの洗浄や、キッチン・エアコンなどの油汚れ除去に最適な洗浄液です。アルミニウムを腐食させないので、アルミ製熱交換器の洗浄にも使われています。GC-Sの安全性は石鹸水と同じ程度であり素手で触れても問題なく、小さな子供がいる一般家庭のキッチンなどでも気軽に使うことができます。アルミ製品に蓄積した頑固な油汚れを素早く除去したい場合など、GC-Sを試してみるとよいでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*