様々な産業を支えるアルファラバルとは

アルファラバルはスウェーデンのルンドに本社がある会社で主に熱交換器と流体移送機器、遠心分離機を扱っています。この会社は1883年に設立されて130年以上の歴史があり、同社の優れた製品は様々な産業にとって不可欠な存在です。食品・飲料や化学製品、医薬品などを製造する企業だけでなくエネルギーや製鉄などの分野でも同社の製品が使われています。アルファラバルは熱交換器と流体移送機器、遠心分離機を得意とするだけでなく舶用業界向けの製品・サービスも提供する会社です。

この会社は100年以上にわたって舶用業界向けの製品・サービスを提供しており、2000年以降は海洋環境を保護するための製品の開発・製造にも力を入れています。化学薬品を使わないバラスト水処理装置を世界で最初に市場化したのはアルファラバルであり、現在では同社の主力製品です。さらにアルファラバルはエネルギーや水資源の有効活用の他に、温室効果ガスの排出削減などにも取り組んでいます。アルファラバルはアメリカや中国、日本など世界の約100か国で事業を展開していて39か所に大規模な製造工場があります。

全世界では約1万7千人ものスタッフがおり、主要な港湾にはサービスセンターが設置されています。サービスセンターに経験豊富なエンジニアが配置されており、専門的なスキルを活かしたサポートが受けられます。日本では東京都港区にある本社を中心として7か所の営業所があり食品・飲料や医薬品、エネルギーや空調機器など様々な分野の企業活動を支えています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*