アルファラバルは世界的に活躍する企業です

アルファラバルはスウェーデンのルンドに本社のある企業で、創業から130年以上の歴史があります。熱交換器と流体移送機器、遠心分離機の分野では世界でもトップクラスのシェアを占めており様々な産業を支えています。この会社が創業されたのは1883年で当初は遠心分離機の開発・製造を行っており、1901年に株式を上場すると第一次世界大戦後にはオーストラリアや南アフリカなどに進出しました。1938年に熱交換器の製造を開始し、1971年にはデンマークの企業を買収して流体移送機器の製造も始めます。

アルファラバルは主に熱交換器と流体移送機器、遠心分離機の開発・製造を行う会社ですが近年は海洋環境保護製品などにも力を入れています。舶用業界向けの製品やサービスについても100年以上の歴史がある会社です。アルファラバルが開発したバラスト水処理装置は化学薬品を使わない点に特徴があります。このタイプのバラスト水処理装置を製品化したのはアルファラバルが最初であり、現在では同社の主力製品の1つになっています。

この会社は売上の約44%を熱交換器が占めており約18%が遠心分離機、約23%を流体移送機器が占めます。アメリカや中国で特に高いシェアを占めていますが、日本でもトップクラスのシェアを占める会社です。現在存在する日本法人の前身となる会社は1978年に設立されました。この法人は東京都の港区にある本社を中心として7箇所の事業所を備えており空調機器やエネルギー、飲料や食品など様々な分野の企業を支えています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*