株式会社日阪製作所について

日阪というのは「ひさか」と読み、大阪市北区曾根崎に本社を置く株式会社日阪製作所のことです。1942年創業の産業機械メーカーであり、高度なモノづくりの実績と開発スピリットにあふれているのが特徴です。日本初となる染色機・プレート式熱交換器・ボールバルブの開発に成功しており、日本が多くの産業機械を輸入に頼っていた時代から、その独自の技術は世界的にも注目されていました。この頃から常に時代のニーズに応えてチャレンジし、「技術の日阪」として日本初あるいは世界初の製品を生み出してきたことは大きな成果に挙げられます。

「流体の熱と圧力の制御技術」を持った世界的専門メーカーとして知られ、今も新たな取り組みで新たな価値を創造し続けています。社訓は「誠心(まごころ)」、社是は「世界に定着する日阪」で、社員のひとりひとりがハートを大事にしながらお客様の期待を超える価値を提供し続けることを目指しています。広く社会から信頼される企業であることを目標とし、製品が良質であることはもちろん、製品を通じての社会貢献についても大切に考えているのが特徴です。現在の事業内容は、熱交換器事業・プロセスエンジニアリング事業・バルブ事業の他にも太陽光発電事業があります。

日阪製作所が提供している製品と技術は多方面にわたり、あらゆる産業分野を通して人々の生活を支えているのが現状です。具体的には衣・食・住に加え、医薬・環境・エネルギーの現場でも独自の技術が役立てられています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*