日阪はプレート式熱交換器のトップメーカーです

日阪は1941年に創業した大阪府大阪市に本社のある産業機械メーカーで、1953年にプレート式熱交換器を日本で初めて開発しました。この会社は様々な産業機械の製造・販売を行っていますが、特にプレート式熱交換器は国内でトップのシェアを占めています。たんに優れた製品を提供するだけでなく、顧客の手厚いサポートを行っている点に日阪の大きな特徴があります。日阪は長年にわたってコンポーネントビジネスを行ってきましたが、近年ではソリューションビジネスに力を入れています。

物質的な価値だけでなく意味的な価値も提供することで、顧客はより効果的にプレート式熱交換器などの製品をビジネスに活用できます。この会社では熱ソリューションとしてプレート式熱交換器が活躍するフィールドや、能力を最大限に活用するための最適設計手法などの提案を行っています。日阪はプレート式熱交換器のパイオニアであり、豊富な経験と優れた技術を持つ多くのエンジニアを抱える会社です。5つの主力事業とソリューションエンジニア集団がマトリクス組織を構成していて、顧客の様々なニーズに柔軟に対応できます。

日阪では日頃から技術の向上に努めるだけでなく顧客のサポートにも力を入れており、主力商品のプレート式熱交換器は引取りメンテナンスサービスが利用できるので安心です。さらに予備部品の供給や現地スタッフの派遣が受けられるのに加えて、現場における性能測定や無開放洗浄などの豊富なメンテナンスオプションも用意されています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*