日阪のプレート式熱交換器について

日阪は1953年に日本で初めてプレート式熱交換器を開発し、その後は様々なタイプの製品を市場に供給し続けてきました。同社は常に技術革新に取り組んでいて、汎用性のあるプレート式熱交換機に新機能を付加しています。日阪にはセミ溶接や全溶接のプレート式熱交換器の他にも、プレート式凝縮器やブレージングプレート式熱交換器などの製品があります。多くの納品実績があり高い信頼性を備えているだけでなく、超小型からスーパージャンボまで豊富な品揃えで顧客にニーズに応えることができます。

日阪の熱交換器事業本部は、これまで物質的な価値を提供するコンポーネントビジネスを展開してきました。しかし近年では意味的な価値を持つ熱ソリューションを提供するビジネスモデルへと転換を図っています。同社はプレート式熱交換器のパイオニアであり、優れた技術と豊富な経験を備えたエンジニアによる組織が存在します。このソリューションエンジニア集団と5つの主力事業がマトリクス組織を構成していて、顧客の抱える課題を解決するための熱ソリューションを提供しています。

同社はサポート体制が充実していると評判となっており、熱ソリューションとしてプレート式熱交換器が活躍する様々な場所やアプリケーション事例などを紹介してもらえます。また性能を最大限に引き出すための最適設計手法や、より望ましい使用条件などの提案も行っています。さらにプレート式熱交換器の引取りメンテナンスサービスや、予備部品の提供などアフターサービスも充実しているので安心です。安定的に高性能なプレート式熱交換器を使いたいのであれば、日阪に相談するとよいでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*