熱交換器のメンテナンスの必要性について

熱交換器は、私たちの生活にさまざまな形で貢献している部品です。部屋のエアコンや給湯器や自動車のラジエーターに組み込まれているだけでなく、工場や事業所における大規模空調システムや熱制御機器にも搭載されています。物体が持つ熱は、物が高いところから低いところへ移動するように、温度の高いものから低い方へと移動する性質があります。これを熱エネルギーの移動と呼び、この原理を応用したのが熱交換器です。

エネルギーの移動を効率よく行うために、交換器内の液体や気体が流れる管を細くなっているのがほとんどです。エアコンやラジエーター内部を見ると、細い管が人間の小腸のように曲がりくねっていることが分かります。変換効率は上がるものの、長年の使用によって管内部に不純物や汚れが蓄積されてしまいます。このような場合には機器の熱交換器をメンテナンスする必要があり、多くの場合はそれらを取り外して管内洗浄を施します。

実際のメンテナンスでは、専用の液体を流して付着物を流し出すことや、場合によっては部品ごと交換するケースも起こります。工場などの大規模な機器では、これらの機材が停止することで操業に多大な影響を及ぼしますので、変換効率が下がってから着手するのではなくて、導入時期と運用時間などから事前にメンテナンスの予定を立てておき、実際の作業に入ることが望まれます。導入当初の性能に戻ったとしても、生産量や品質を落としてまで行うことはないからです。一般家庭の機材であれば本体ごと交換の事例が多いのですが、事業所などにおいては熱交換器の定期的なメンテナンスはとても重要な位置づけになっています。

熱交換器 メンテナンスのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*