メンテナンス性能重視の熱交換器選び!

新しいシステムを導入する前に、メンテナンス性能を考慮することが、求められます。熱交換器のように長期間使用し続ける場合、事業所内の担当者でメンテナンスできるのとできないのとでは、大きな差が生まれます。そんなメンテ性能の高さで知られているのが、プレート式熱交換器です。他の熱交換器と違ってシンプルな構造なので、事業所内でセルフメンテナンスできるというメリットがあります。

もちろん方法を間違うと流体が漏れてしまったり、熱交換効率が低下する場合もあるため、注意しなければなりません。しかし担当者や責任者やスタッフを決め、手順を守れば想像していたよりも簡単に対処できます。基本的な手順は以下になります。安全な作業のため、機器内の圧力が十分に下がっていることを確認しましょう。

次に機器内の流体を十分に排出、周辺機器の養生を行います。電熱プレート先端部は刃物のように鋭利なので、作業者は必ず保護具を身につけます。納入時の附属書や取扱説明書の通り行ってください。事業所内でプレート熱交換器をセルフメンテナンスする場合は、事前にメンテナンス部品を用意しておくのが一般的です。

例えば定期的な交換が求められるガスケットやプレート、締め付けボルトとナット、コネクション用ラバーや接着剤です。作業中は稼働できないため、できるだけスムーズに行わなければなりません。もし事業所内で対処するのが難しいのであれば、熱交換器メーカーに依頼することをおすすめします。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*