熱交換器の点検やメンテナンスはなぜ必要か

工場やプラントといった産業現場では、ボイラーや蒸発生成器あるいは復水器や製造ラインなどへコンスタントに熱を供給するために、熱交換器が欠かせない存在になっています。そのため現場によっては、24時間365日フル稼働しているケースも見られます。このように汎用性が高く、ハードに使用されている熱交換器であれば、その分だけ経年劣化が進み、故障も発生しやすいと言えます。熱交換器に依存している現場では、トラブルの発生が深刻なダメージにつながることもあり得ます。

例えば熱交換器にスケールが蓄積すれば、生産効率の低下を招くことになります。またプレートガスケットに腐食や貫通割れが生じると、液体漏れによって機器が稼働不能になって、生産ラインを停止せざるを得なくなることもあります。こういったリスクを負わないためには、普段から定期的な点検を徹底することが肝心です。そして深刻な異常を発見したり、突発的なトラブルに見舞われた場合を想定して、スピーディーかつ的確なメンテナンスを実行できる体制づくりも進めなければなりません。

自社でメンテナンスが可能な人員や技術そして機器などがそろっているのが理想ですが、なかなか難しいのが現実でしょう。そこで現場に導入した熱交換器のメーカーにメンテナンスを依頼するのが一般的です。その製品に詳しい上、必要な技術やパーツもそろえているので、スピーディーかつスムーズなメンテナンスが期待できます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*