熱交換器のメンテナンスで困ったら

熱交換器は汎用性が広いので、あらゆる分野の産業現場で目にすることができます。裏を返せば産業現場での稼働率や依存度が高い機器でもあり、実際に24時間365日フル稼働している現場も珍しいことではありません。このようにハードに使用し続けていれば、当然のごとく経年劣化が進み、何かと故障も発生しやすくなります。そうなれば生産効率が低下したり、場合によっては工場の操業自体を止めることにもなりかねません。

特にスケールの付着や、プレートガスケットの劣化あるいは貫通割れなどは、熱交換器のトラブルを招きやすいことで知られます。したがって熱交換器のトラブルを避けるには、まず普段から定期的な点検を徹底することが重要になります。さらに突発的なトラブルに対処するために、スピーディーかつ的確なメンテナンスを実施できる体制づくりも必要です。その際には現場に導入したメーカーに依頼するのが理想でしょう。

製品に詳しいことで、原因究明や技術にも優れ、スピーディーで確実なメンテナンスが期待できます。そもそもトラブルが発生しにくタイプの熱交換器を導入することも、忘れてはなりません。例えばプレート式であれば、流体促進構造による高い熱効率の実現と同時に、自己洗浄機能によるスケール抑止にも優れた実力を発揮します。トラブル発生の確率が減れば、それだけメンテナンス回数も少なく済むため、リスクやコストの軽減にもつながりやすいと言えます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*