迅速で確実な熱交換器メンテナンスなら

プレート式熱交換器の特長といえば、何といっても熱効率の高さです。その秘訣は乱流促進構造にあります。これは伝熱プレートをヘリンボンパターンのような波形状に加工した上で、あえてプレート間の流体の流れを乱す仕組み。これが流体の温度を均一にして、熱交換の妨げになる膜の形成も防ぎます。

プレート全体に満遍なく熱が行き渡るようになるので、高い熱効率の実現が可能です。さらに乱流による自己洗浄機能によって、スケールの付着まで抑止します。とはいえ、長期にわたり稼働し続けていれば、様々な不具合が発生しやすくなります。特にスケールの付着をはじめプレートガスケットの劣化や貫通割れなどが、典型な事例です。

そのまま放置すれば、亀裂や腐食した部分から液体が漏れ出して熱効率が低下するだけでなく、製造ラインに必要な熱量を供給できないなど、深刻なトラブルも招きかねません。このようなリスクを負わないためにも、普段から定期的な点検を実施し、メンテナンスでは迅速で確実な実行が求められます。できることならば、専門メーカーとメンテナンス契約を結ぶことが理想です。そこで注目したいのが、プレート式熱交換器を国内で最初に開発したことで知られる、こちらの産業機械製造販売業の会社。

業界ではパイオニア的な存在で知られ、プレート式熱交換器に加えてセミ溶接や凝縮器あるいは全溶接など、数々の実績を培ってきた、信頼性の高い会社です。設計段階から熟知した専門エンジニアがメンテナンスを担当し、新品同様の美しい仕上げを実現することが可能です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*