限られた資源を有効に活用できる熱回収とは

廃棄物を焼却処分する際には大きな熱エネルギーが発生しますが、そのまま排熱として捨てるのではなく再利用すればエネルギー効率を高めることができます。例えば清掃工場の付近に温水プールを設置し、焼却処分と同時に熱回収を行えば少ないエネルギー消費量で昇温が可能になります。最近では企業から一般家庭まで、様々なタイプのコージェネレーションシステムが導入され熱回収が行われています。コージェネレーションとはガスなどを動力源とする発電機で電力を生み出す一方で、熱回収によって排熱を給湯などに利用するシステムのことです。

電気と熱を同時に生産する設備の総称であり、電力会社などでは軽油や重油など化石燃料を使うタイプが普及しています。一般家庭の建築設備用としては天然ガスを使うタイプが普及しており、この装置を導入することで限られた資源を最大限に活用できます。一般的な発電や熱供給を行うシステムでは、利用されないエネルギーが排熱となって外気に放出されます。設備を単体で使う場合には、電気や熱のエネルギーのそれぞれ40%ほどしか利用できません。

しかしコージェネレーションシステムによって発電と熱回収を同時に行うと、総合的なエネルギー効率は70%から85%ほどになります。石油などの埋蔵量には限りがありますが、エネルギーを再利用しないと大量の資源が消費され地球温暖化の原因となる二酸化炭素も発生します。コージェネレーションシステムなどを利用して熱回収を行えば、限りある資源を有効活用し二酸化炭素の排出量も抑えることができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*