熱回収を行えばエネルギーを最大限に活用できます

廃棄物を焼却処分する際には膨大な熱エネルギーが必要になりますが、それを賄うには石油や石炭のような化石燃料を燃やさなければなりません。石油などの化石燃料は埋蔵量が限られているだけでなく、燃やすと地球温暖化の原因である二酸化炭素が発生してしまいます。熱回収では廃棄物を焼却する際に発生する熱エネルギーを再利用するため、石油など化石燃料の消費量を節約できます。資源の消費量が減らせるのでコストを削減できるだけでなく、二酸化炭素の排出量も減少するというメリットがあります。

ボイラーのエコノマイザーは熱回収の代表例であり、燃焼する排気ガスを有効活用して給水予熱を行います。ボイラーを沸かす際に発生する燃焼排気ガスは非常に高温であり、熱回収によって再利用すればエネルギー効率を高めることができます。排熱を再利用しない場合の熱効率は80%ほどとされていますが、熱回収を行えば95%程度まで高めることが可能です。エコノマイザーを使用すれば熱効率が100%近くになり、投入したエネルギーのほとんどが無駄なく使われることになります。

廃棄物の処分施設では焼却処分を行う際に発生する膨大な熱を再利用した火力発電が行われています。火力発電では基本的に石油などの化石燃料を燃やして高熱を得ていますが、焼却時に発生した熱を再利用すればエネルギー効率が高まります。本来であれば処分されるだけの廃棄物も、熱回収の仕組みを導入すると燃料として活用できます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*