熱回収は二酸化炭素の排出量を抑制できます

熱回収とは工場などで捨てられていた熱エネルギーを回収して再利用することで、主にヒートポンプや全熱交換器が使われています。ヒートポンプとは低温の空気中から熱を集めて高温にして取り出す技術でエアコンや冷蔵・冷凍庫、給湯システムや床暖房などに利用されるケースが多く見られます。全熱交換器は空調によって失われる温度と湿度を交換回収するシステムで、熱だけを交換するヒートポンプよりも省エネ効果が高いというメリットがあります。最近では工場や発電所など大型施設だけでなく、一般家庭でもコージェネレーションシステムで熱回収を行うケースが増えました。

コージェネレーションシステムとは、電気と熱を同時に発生させる電熱供給システムの総称です。ガスなどを動力源とした発電機によって電力を生み出すのと同時に、排熱を給湯や冷暖房などに利用します。電力会社などでは軽油や重油など化石燃料を使用したタイプが、一般家庭などの建築設備では天然ガスを使用するタイプが使われています。工場でゴミを焼却したり発電所で電力を発生させる際には、膨大な量の熱エネルギーも生じます。

全てのエネルギーが動力に使われるわけではなく一部が排熱となって失われますが、化石燃料を消費すれば地球温暖化の原因となる二酸化炭素も大量に発生します。熱回収を行うとエネルギー効率を高めて化石燃料の消費量を抑え、コスト削減を図ることができます。さらに化石燃料の消費量が減れば二酸化炭素の消費量も減少するので、地球温暖化の防止にも役立ちます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*