熱回収を行なうメリット

熱回収とは、通常廃棄している熱を再度有効的に活用することを指します。サーマルリサイクルとも呼ばれています。マテリアルリサイクルやケミカルリサイクルと同様に、研究が進んでいるリサイクル方法のひとつです。単に廃棄物を焼却処理するのではなく、焼却の時に発生する熱エネルギーを回収し利用することで、生活環境も向上できるとされています。

近年この熱回収を取り入れているのが、ごみ処理施設です。各家庭から出された燃えるごみや、リサイクルセンターなどから出る可燃物を、環境に配慮して安全に燃やしてくれます。また、ごみを燃やした際に出る熱から電気を作って施設内で有効活用したり、余った電気を電力会社へ売っている場合もあります。その際に出た排ガスも、きれいに処理したのち大気に放出されるので、安心です。

工場などで機械を使って熱回収を行なう場合には、蒸気発生ヒートポンプというものを使っていることも多いです。これは排出された未利用の温水から熱回収を行ない、飽和蒸気を発生させるしくみです。工場における様々なシチュエーションで利用することができ、ボイラーと比べるとかなりランニングコストを減らせます。その結果、エネルギーコストを大幅に削減することに一役かっているのです。

さらには二酸化炭素の排出量も少ないので、省エネ性も兼ね備えています。熱回収の技術を取り入れることにより、自然環境へ及ぼす可能性のある悪影響を緩和する事が見込まれているのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*