アルカリ洗浄液は慎重に扱う必要があります

アルカリ洗浄液は油やタンパク質による汚れを効果的に除去できる一方で、手肌を傷めたりアルミ製品を腐食させるというデメリットが存在します。劇物に該当する水酸化ナトリウムや水酸化カリウムなどを使う場合には、環境への影響も考慮しなければなりません。アルカリ洗浄液には液性の違いによって様々なものがあるので、用途に応じて最適なものを選ぶことが大切です。特に水酸化ナトリウムなど劇物に指定されるものを使う場合には、安全に十分な配慮する必要があります。

油やタンパク質汚れを除去するにはアルカリ洗浄液が有効ですが、食器用洗浄液の全てがアルカリ性というわけではありません。pHが14に近付くほどアルカリ性が強くなり洗浄力も増しますが、手肌への影響も大きくなってしまいます。アルカリ洗浄液は肌に必要な油分も落としてしまうため、食器用として使い続けていると肌荒れを起こす可能性があります。一般家庭の掃除などにアルカリ性の洗浄液を使う場合には、ゴム手袋などを装着して直接触れないようにするとよいでしょう。

工場などで水酸化ナトリウムのような劇物を含む洗浄液を使う場合には、より慎重に扱わなければなりません。強アルカリ性の洗浄液は皮膚に付いたり目に入ると、皮膚が壊死したり失明する可能性があります。劇物に該当する洗浄液は容器にも基準が設定されていて、安易に別の容器に移し替えるのは危険です。強アルカリ性の洗浄液を使用する場合には、ルールを守って慎重に扱う必要があります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*