安全性の優れたアルカリ洗浄液とは

アルカリ洗浄液には安全性の高い重曹水から危険な水酸化ナトリウムまで様々なものが存在します。重曹は食塩水や二酸化炭素などを原料としており、炭酸水素ナトリウムとも呼ばれています。約200mlの水と約10gの水をスプレーボトルなどに入れて混ぜれば、弱アルカリ性の重曹水になります。コップ1杯の水が約200mlで、小さじ2杯の重曹が約10mgです。

アルカリ洗浄液は油やタンパク質による汚れを効果的に除去でき、弱アルカリ性の重曹水でも一般家庭での掃除用として十分な洗浄力を備えています。水酸化ナトリウムのように劇物に指定される洗浄液は、非常に強力な洗浄力を持つ一方で危険性が高いため慎重に扱わなければなりません。一般的にアルカリ洗浄液には肌を傷めたりアルミニウムを腐食させるというデメリットがありますが、劇物に指定される場合には特に注意が必要です。重曹水のような弱アルカリ性の洗浄液であれば、それほど大きな影響はありません。

水酸化ナトリウムは苛性ソーダとも呼ばれており、強アルカリ性で工業的に重要な物質です。毒物及び劇物取締法によって原体と5%を超える製剤が劇物に指定されていて、上水道・下水道や工業廃水の中和剤など様々な用途に使われています。水酸化ナトリウムのような強アルカリ性の洗浄液は、基本的に人体や環境への影響が大きく慎重に扱う必要があります。ただし市販されている製品の中には強アルカリ性でありながら、石鹸水と同じくらい安全なものも存在します。

固着した食用油など頑固な汚れを素早く除去したい場合には、洗浄力と安全性を兼ね備えたタイプを試してみるとよいでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*