アルカリ洗浄液のメリット

家庭や工場などの設備において、実に様々な種類の汚れが発生します。この汚れを放置してしまうと、衛生面に問題が発生したり、設備が劣化してしまう恐れがあるのでしっかりと洗浄を行う必要があります。この洗浄ですが、対象となる汚れや設備によって、適正な洗浄液が存在するため用途に応じて使い分けをする必要があります。例えば、家庭や食品工場でまな板を使っていたとします。

このまな板はだんだんと黄ばんでくるため、漂白作用と洗浄効果を兼ね備えた塩素系の洗浄剤を使うことで、より効果的に洗浄と漂白作用を得ることができます。一方で、食肉を取り扱っている食品工場や飲食店、あるいは家庭などでは、肉によるたんぱく汚れがメインとなってきます。このたんぱく汚れは、前述の塩素系の洗浄剤や中性洗剤では十分な洗浄効果を得ることができません。このような場合は、アルカリ洗浄液を使用すると最も洗浄効果を発揮します。

ただし、このアルカリ洗浄液はたんぱく汚れにかなりの効果を発揮しますが、取り扱いには十分な注意が必要になります。例えば、塩素系の薬剤と同時に使用してしまうと、化学反応を示し有害ガスが発生し、人体に悪影響を及ぼしてしまいます。また、アルカリ洗浄液の濃度が高い洗浄剤ですと、手や目などに付着してしまった場合、猛毒な症状を示し健康被害に結び付いてしまう恐れがあります。取り扱う時は、手袋やゴーグルなどを扱うなどの注意が必要になります。

ですが、この注意点さえ守れば、たんぱく汚れに十分な洗浄効果を発揮するのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*