設置場所を自由に選べる熱交換器とは

比較的自由に設置場所を選べる熱交換器を探しているのであれば、空冷式を選ぶとよいでしょう。空冷式は管束とファンで構成されていて、液体を管束内に流しファンで送風して冷却します。管束はフィン&チューブとも呼ばれており、液体と空気の温度差で冷却するのが特徴です。このタイプは周囲の空気と電源以外にインフラを用意する必要がなく、設置場所を自由に選べるため屋外でも利用できます。

ランニングコストやメンテナンスコストが安いのに加えて、外気を管束に送風して冷却するので環境に優しいというメリットもあります。空冷式の熱交換器は周囲の空気と液体との温度差が小さいと冷却効率が低下します。また気温以下に冷却できず、機器が大きいというデメリットも存在します。このタイプは比較的有に設置場所を選べますが、ある程度のスペースを確保する必要があります。

ファンコイルユニットはコイル内に冷却水や温水を循環させ、風を送って冷風や温風を作り出します。このタイプの熱交換器は冷却水などを送る設備が必要になりますが、天吊り型や床置き型などがあり比較的自由に設置場所を選べます。軽量かつコンパクトで設置場所の自由度が高く、伝熱性能も優れているのはプレート式熱交換器です。このタイプにはブレージング式とガスケット式があり、プレート間を高温と低温の流体が交互に流れる構造なので効率的に熱交換ができます。

ブレージング式はガスケット式のように分解してメンテナンスができませんが、一般的な熱交換器の中では最小サイズです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*