熱交換器スケールとメンテナンスについて

熱交換器はあらゆる産業の現場では欠かせない設備。そのため生産現場によっては24時間365日、フルに稼働し続けているケースも珍しくありません。このように長期にわたりハードに稼働しているにも関わらず、メンテナンスもいい加減な場合、何らかのトラブルが目立つようになります。特に熱交換器には徐々にスケールが蓄積していくため、それがプレートガスケットの劣化や貫通割れといった、深刻なダメージを招くこともあり得ます。

このようになってしまうと、電熱プレートの破損で液体が漏れ出して運転停止したり、製造ラインに必要な熱量を供給できずに生産性が落ちるといったように、もはや正常に生産現場を維持できなくなるでしょう。生産現場でこのようなリスクを招かないためにも、普段から熱交換器の定期的な点検を徹底し、どんなに小さいスケールの付着も除去することが必要です。同時に異常を見つけた場合に備えて、速やかにメンテナンスへ移行できる体制を確保しておくことも求められます。トラブルになり難い熱交換器を導入することも、リスクの軽減には有効です。

例えばプレート式であれば、乱流促進構造による自己洗浄機能が働き、スケールも付着し難くなります。そもそも可動部がなく部品も少ないため、故障し難い構造である点も見逃せません。もちろんプレート式であっても、定期的な点検や速やかなメンテナンスは必須です。専門メーカーのメンテナンスパック等を活用すれば、突発的なトラブルに対してもスピーディーな対応を実現できます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*