プレート式熱交換器のメリットについて

熱交換器には様々なタイプが存在しますが、特にプレート式は軽量でコンパクトなため幅広い用途で使われています。このタイプは伝熱部に複雑な形状の薄板を使用しており、熱交換の性能が非常に優れているだけでなくプレート表面に汚れが付着しにくいというメリットがあります。プレート数を増減させれば任意に伝熱面積を変更でき、設置面積が小さい点も大きな特徴です。このタイプは高い伝熱係数を誇っていて完全対向流での熱交換が可能であり、高温側の入口温度と低温側の出口温度を1度差まで接近させることもできます。

プレート式はブレージングプレート式とガスケットプレート式に分類されます。いずれも重ねた伝熱プレート間に高温と低温の液体が流れ、熱交換を行う構造になっています。前者はブレージング部に銅が使用されるのが通常ですが、医薬品や半導体などを製造する現場ではステンレスやニッケルを使用することもあります。ブレージングプレート式には耐圧性能や熱交換率が優れているだけでなく、低コストでコンパクトというメリットが存在します。

ただし分解ができないためメンテナンスが困難で、流路に詰まりが発生することもあります。ガスケットプレート式熱交換器はプレートの間がゴム製のガスケットで仕切ってあり、全体を分解できます。このタイプは分解可能なのでメンテナンスを容易に行うことができ、プレートの交換や追加も簡単です。ただしブレージング式よりも多少大きく、設置場所にメンテナンスのためのスペースが必要になります。

プレート式熱交換器はタイプによって異なるメリットとデメリットがあるので、用途に応じて最適なものを選ぶことが大切です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*