状況に合った熱交換器を選びましょう

熱交換器には空冷式やファンコイルユニット、プレート式やシェル&チューブ式など様々なタイプが存在します。性能や用途、予算やメンテナンス性の他に設置場所の状況などを考慮して最適なものを選ぶとよいでしょう。例えば製造業の現場で広く使われているプレート式には、ブレージング式とガスケット式の2種類が存在します。これらは複雑な形状の薄板が伝熱部に使われており、熱交換の効率が非常に優れています。

わずかな温度差を最大限に活用することが可能で、高温側の入口温度と低温側の出口温度を1度差まで近付けられます。プレート式は伝熱性能が優れており、特にブレージング式は一般的な熱交換器の中でも最小サイズなので設置しやすいというメリットもあります。ただしブレージング式の熱交換器は分解ができないため、内部にスケールが溜まっても容易にメンテナンスができないというデメリットも存在します。ガスケット式はプレート間がゴム製のガスケットで仕切られており、全体を分解できる構造になっています。

このタイプの伝熱性能はブレージング式と同様に優れていますが、さらに分解してメンテナンスを簡単に行えるというメリットも存在します。ガスケット式は熱交換効率とメンテナンス性を両立した一方で、ブレージング式より多少サイズが大きいというデメリットもあります。設置場所にメンテナンスのためのスペースも必要になりますが、総合的に考えて扱いやすいため多くの製造業の現場で採用されています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*