効率性の優れた熱交換器について

熱交換器とは温かい流体から冷たい流体に熱を移動させる装置で、水や周囲の空気などを流体に使います。例えば空冷式は主に管束とファンで構成されていて、液体を内部に流しファンで送風して液体と空気の温度差で冷却するのが特徴です。このタイプは周囲の空気と電源以外のインフラを必要とせず、設置場所が比較的自由なので屋外でも使えます。環境性が優れていて導入や維持のためのコストが安いのも空冷式の大きなメリットです。

ただし周囲の空気と液体の温度差が小さいと冷却効率が低下し、気温以下に冷却できないというデメリットも存在します。ファンコイルユニットは冷却水を循環させたコイルに対して送風し、冷風を作り出す装置です。コイルの循環水に温水を使えば温風を作ることも可能で天吊り型や床置き型などがあり比較的自由に設置できますが、冷却水や温水を送るための設備が別に必要になります。熱交換の効率性を重視するのであれば、プレート式熱交換器を選ぶとよいでしょう。

このタイプの熱交換器にはブレージング式とガスケット式の2種類があり、比較的小型ですが高い伝熱性能を誇ります。重ねた伝熱プレート間を高温と低温の液体が交互に流れる構造になっていて、わずかな温度差を最大限に活用できます。完全な対向流で熱交換ができるので、高温側の入口温度と低温側の出口温度を1度差まで接近させられます。ブレージング式は分解できませんが、ガスケット式ならば分解できるのでメンテナンスも簡単です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*